スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 てんちゃん ありがとう




3月11日 午後 1時45分
てんちゃんが、私の胸で息を引き取りました。

午後 1時頃、足が立たなくなり、
急いでケージから出して、私の胸に抱っこしました。
てんちゃんは、ゆっくり瞬きをしながら
私の目を じっと見つめてくれました。
力が弱った足で、胸に しがみ付いてくれました。
息子と私で、何度も何度も てんちゃんを撫で続け
「てんちゃん、ありがとね、ありがとね、、、、」
感謝の言葉を いっぱい伝えました。
てんちゃんは、私の目を見つめたまま、、、、
静かに 息を引き取りました。
涙がポタポタ落ちて、てんちゃんの羽が濡れました。


2009年の夏から秋、、、
苦しいとか悲しいとか、そんな言葉では言い表せないほど、
辛くて、毎日毎日 泣いて泣いて泣いて、、、、
そんな頃に、てんちゃんに出会いました。
てんちゃんは、私の膝や肩に、いつも寄り添って
嘴で涙を拭ってくれました。 てんちゃんは 優しかった。
小さいてんちゃんは、大きな大きな存在でした。


今、 てんちゃんが いない、、、、、
心に ぽっかり 大きな穴が開いています。






<亡くなるまでの経過>


[3月2日]

健康診断と、気になっていることを相談するため
いつもの病院へ
体重: 31g(少し軽め)  そ嚢: 異常なし
糞の形:: 正常   糞便検査: 菌無し
食欲あり  吐いていない

気になっていることを相談
「おしゃべりをあまりしない、 脚力が少し弱い
 ケージでのんびりする時間が多い、、、、、、」
先生は、お薬を2種類出して下さり、
「2週間飲ませて、変化がないようなら来てください」

菌が無かった! お薬も出してもらえて 安心する。




[3月3日~9日]

病院の薬は、毎日飲ませている。
相変らず、ケージ内にいる時間が長い。
保温のため、日中もケージ半分を毛布で囲み、
ヒーターの暖気を逃さないようにする。
あくび、吐く様子は全くなし。 食欲あり。
よく食べて、正常な糞。 下痢や粒は混じっていない。
体重は少し軽め。 おしゃべりは、時々ポツリ、、、




[3月10日]

朝の様子、、、 元気がない。 
糞の状態が悪い。 昨日までの丸い形ではなく、
水分も多めで、細くて、少し黒い。
吐いた様子はなし。 朝の体重 25g

すぐ病院へ
糞便検査: 菌無し  体重24g
そ嚢: ガスなどで膨らんでいるので吸引
流動食の強制給餌 
前回の粉薬はストップ。 抗生物質のシロップに変更

家に帰り、30℃以上で、ひたすら保温。
なるべくケージ内(30℃)で、、、と思うけれど、
ケージをガタガタガタガタさせて、出口に貼り付く。
「薬が効いて、元気になってきたんだ!」
その時、私は本当にそう思っていた。


Desktop371.jpg
3月10日 16時10分
前日届いた粟穂  一生懸命食べてくれる





Desktop372.jpg
3月10日  16時45分頃
ケージに入れたら騒ぐのに、私の服の中では静かになる。
私が 思わず泣いてしまうと、すぐに気が付いて、
服から出て涙を拭ってくれる。 いつもの てんちゃん。

でも、早くケージで寝させないと、、、焦っていた私。
これが最後の夜だと知っていたら、
ずっとずっと、朝まで抱っこしていたかった。

温度を気にしながら、時々ケージ内を確認しながら、、、
とても不安な夜






[3月11日]

朝、恐る恐るカバーを外す。
てんちゃんは、エサ箱に止まっている。
むき殻もあり 食べている! 吐いていない!
でも、糞が細くて、 とても少ない。
体重23g、、、、、、、

すぐに病院へ
糞便検査:: 菌無し  そ嚢の状態: 良くなっている
しかし体重が 増えていない。 危険な状態に変わりない
昨日より、多めの流動食を強制給餌

強制給餌をしてもらう時、 私は 待合室へ移動
ぼんやり座っていると、院長先生が来て下さり
「吐かないし、菌もないけれど、 胃炎など、、、、、、」
優しく説明して下さるのに、
ちゃんと理解ができなくて、手が震えて涙が出る。

先生方には、大変お世話になりました <(_ _)>






Desktop369.jpg
3月11日
病院到着後、プラケースの中で  09:19
自宅、カイロで暖めながら抱っこ 13:09
庭のお花を摘んできて、てんちゃんへ 14:05






[3月15日]

火葬してもらいました。

家族みんなで、てんちゃんの綺麗な羽を撫でて
「てんちゃん、ありがとう、ありがとう、、、」
感謝の気持ちをいっぱい伝えました。
お花と豆苗と粟穂に囲まれて、、、、
てんちゃんは、とても綺麗でした。

40分後、、、
てんちゃんのお骨は、しっかり残っていました。
てんちゃんが眠っていた、そのままの姿でした。
可愛い丸い頭、 クチバシも、 爪も、、、、、
大切な大切な てんちゃんです。

担当者の方は、文鳥を飼われているそうで、
お話をしながら、心が温まりました。
とても丁寧に対応してくださり、
ゆっくり、てんちゃんとお別れすることができました。






IMG_3072_201503182143109be.jpg
てんちゃん ありがとう



そして、 てんちゃんからも



てんちゃんからの メッセージ



お兄ちゃんへ

「お兄ちゃん、がんばってね」





おとうさんへ

「おとうさん、食べ過ぎでしょ」





おかあさんへ

「てんちゃんとおかあさん、ずっと一緒だよ」





てんちゃんを可愛がってくださった みなさんへ

「大好きだよ、ありがとう」






訪問者リストを見て、
たくさんの拍手に励まされて
てんちゃんの経過を、一行ずつ書きながら、
少しずつ、少しずつ、、、ほんの少しだけど、、、
気持ちが落ち着いてきました <(_ _)>


てんちゃんとの思い出は、いっぱいあります。
また、 ゆっくり書きたいと思います。




プロフィール

てんちゃん

Author:てんちゃん

キャスト

てんちゃん

てんちゃん
セキセイインコ
パステルカラー・レインボー・コバルト
2009/9 静岡生まれ
出会った日 10/25
2015/3/11 天国へ


くうちゃん

くうちゃん
セキセイインコ
パイド・ブルー
2015/9 静岡生まれ
出会った日 9/25

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。